果たして自分は浮気が出来るのだろうか

「浮気」と聞くと、なんとなく罪悪感的なものを覚えるとともに、魅惑的でそそられるような気持にもさせられます。
私自身は結婚しており、妻も子供もおりますが、まだ浮気は残念ながらしたことがありません。そのようなチャンスがまだ訪れてきてくれません。
しかし、私の周囲では、浮気をしている・したことがあるという人は結構居り、飲み会の席などで、自慢するように話しを聞かされることも多いです。その話しを聞くと、やはり、ある程度のリスクがあることも浮気の魅力の1つであるようです。シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」のように、昔から禁断の恋は燃えやすいものなのでしょう。
少し前には、テレビドラマでも不倫が内容であるものが多かったし、その視聴率も良かったようですし、不倫というものには何か人をひきつけるものがあるように思われます。
しかし、自分が仮に浮気ができるシチュエーションを与えられた時に、果たして、本当に浮気が出来るかどうかは、はなはだ疑問です。
まず妻や子供の顔が思い浮かび、「私はこんなことをしてよいのだろうか?」と自問自答をするでしょう。また仮に浮気をした場合に、それが妻にばれたらと考えると恐いし、子供に軽蔑されるのも嫌です。
さらに浮気相手の旦那にバレて、怒鳴り込まれたり、多額の慰謝料を請求されたりするハイリスクは負えないと思います。
そんな訳で、今後の人生もよほどのことが無い限り私は浮気をしないと思います。
浮気とは言えないと思いますが、せいぜい通りすがりの女性の胸の谷間や素足を見て、ほくそ笑むくらいが関の山です。それくらいであれば、誰にも罪を問われないと思っています。

やってはいけない事だと分かっていますが・・

これまでに何度か浮気をした経験があります。
思い返してみると、初めての浮気経験は、大学生の頃でした・・。
中学、高校と、女友達が一人もいなかった私にも遂に念願の彼女ができ、本当に人生で一番といっていいくらいに幸せな瞬間でした。
ちなみに、相手も初めてできた彼氏だったようで、お互い「この人と一生連れ添っていく!」みたいな、とにかく深い絆で結ばれていたものです。
が、現代では男女が出会う場というものが至る所に存在しており、どんなに深い絆で結ばれていようとも、時には誘惑に負けてしまう事があるのです。
私の場合は、アルバイト先に年下の女性が新人として入ってきた事がきっかけです。
その女性の指導係に任命された私は、毎日のように接する事になるのですが、なんだかだんだんと恋心のような感情を抱くようになりました。
それはどうやら相手も同様だったようで、ある日、バイト終わりにご飯でも食べに行く?みたいな流れになってしまったんですよね。
で、結局、食事だけでは終わらず、ホテルへGO。
これが私の初浮気であり、この時の感情はまるで昨日の事のように覚えています。
なんかねえ、彼女に対して罪悪感を覚えるのだけれども、それが何とも言えないエネルギーとなって、浮気心に火をつけるんですよね。
ホラ、良く言うじゃありませんか。
障害があるからこそ、それを乗り越えたくなるみたいな事を(この場合、交際中の彼女の事を障害と言ってしまうのは、ちょっと語弊がありますが)。
そんな感じで、やってはいけない事をやりたくなるのは、ある意味で人間の本能なのかもしれません。

女性の浮気はどこからくるのか

妻に浮気をされないか普段から気にしていて、それがストレスになっているという人は少なくないようで、浮気問題というのはとても繊細なものなのです。
今回はどうして女性が浮気をしてしまうのかを簡単にまとめてみましょう。
しっかりと女性の浮気心理について勉強しておけば、浮気を未然に防ぐことができます。
まず、一番多い女性の浮気原因が寂しいということなのです。
基本的に男性は仕事に出て、女性が家を守るという習慣がありますが、この場合に女性はどうしても家で一人になってしまいます。
そこで、一人だということを不安に感じてしまい、安心を求めるために浮気に走ってしまうのです。
これは在宅ワークなどに仕事を切り替えることで防ぐことが出来るでしょう。
次に、飽きというものがあります。
これは女性にも男性にもいえることなのですが、いつも同じパートナーといると、安定はしていても刺激がなくなり、そのなくなってしまった刺激を求めるようになります。
そこで浮気に走ってしまうので、男性はこれを防ぐために、定期的に妻へのサプライズなどを行ってみるといいでしょう。
最後になりますが、昔の男が現れるなどといったケースも存在しています。
これは、昔何かしらの関係を持っていた男が目の前に現れることで、美化された思い出が蘇ってきてしまうというものです。
さらに、現れた男が経済的に成功していたりすると、さらに惹かれてしまうようです。
ちなみに、女性の浮気の場合は男性と違って、肉体関係はあまり求めていないようです。

浮気がバレないためのポイント!

今まで何度か浮気をした事があるのですが、私なりの浮気相手との関係を保ちつつバレない方法をご紹介します。
私は30代前半の男性なのですが、基本的に浮気相手には20代前半からそれ以上の方のみと関係を持っていました。出来れば社会人が良いですね。やはり社会経験があって何か勉強していたりですとか、ある程度の知性を持っている方でないと感情的になって浮気を彼女に対してバラされる事があります。実はそのパターンで以前に痛い目を見た事がありました…。そしてそういった女性ほど、私に彼女がいたりお互いに相手がいる上での関係を容認してくれやすいです。人間の本能だからそういった関係を持ちたがるのは仕方ない事、と思っている女性がより多いように感じます。
また、共通の知り合いがいない・ナンパやアウェイの飲み会で知り合った子なども良いです。知り合い伝いの伝言ゲームでバレてしまうパターンも知り合いなどに多かったので、出来るだけ自分の人間関係の範囲外で浮気相手を作る事は大事です。
さらにこれに似たポイントとして、住んでいる場所も近すぎない方が良いです。私は都内に住んでいるのですが、千葉・埼玉ですとか、会う場所や遊ぶ場所が普段行かない場所になる子の方が安全です。これは相手の子が自分に彼女がいる事を知らない場合に特に大事です。
また、連絡については過去に使っていたスマホなどを復活させて、現在使っている端末とは別の物で連絡する事が必須です。
今使っている端末ですと、いつどんな拍子に見られるか分かりません。彼女と会う時には浮気相手用の端末は当然持って行かずに、同棲している場合にはバッグに常時入れておき、家では電源を切っておきます。またこの際、昔の端末をバッグに入れている事を怪しまれないように、バッグの中身をずさんにしておくと良いです。バッグの中身にだらしないから、昔のスマホも入れっぱなしになってると思ってくれます。
などなど、私なりの浮気がバレないためのポイントでした。本能に従いながらも恋人を傷つけないために、今後も様々な方法で隠し続けていこうと思います。

興信所の浮気調査費用は慰謝料で賄う・・・

「男はみんな浮気する!」と主張する人もいますが、個人的にはそうとも言えないかなと思います。
しない人もいるし、できない人もいます。

浮気する人は人当たりが良く、マメな性格をしている人が多いですね。
浮気をした人の話を聞くと、浮気相手とのメールや着信履歴を削除したり、レシートは家の外で捨てたりと常に行動に注意を払っている様子。
中でも驚いたのが、浮気相手と会う数時間前に結婚指輪を外すこと。
指輪の跡が残らないように、会う直前ではなく1,2時間前くらいから外すんだそうです。
この話を聞いた時は、そこまでして浮気したいのか!とあきれてしまいました。

といっても本人は浮気相手に本気というわけではなさそう。
息抜き感覚、ゲーム感覚といった感じで、日頃のストレス解消が目的だったようです。
浮気相手の人はどう思っているのか、心配になってしまいました。

ちなみにこの男性は奥さまに浮気がばれて離婚騒動中です。
興信所に浮気調査を依頼して発覚したそうです。
興信所費用は、慰謝料で賄うとか・・・

逆に気が小さい人や面倒臭がりな人は浮気できないでしょうね。
ばれた時のことを考えると、怖くて行動に移せなさそうです。
いちいち嘘をつかないといけないし、アリバイ工作するのも面倒になりそう。
その手間をかけるくらいなら浮気なんてしたくない、と思うのかもしれません。

飲みの席で深い時間帯になると、なぜか男性は浮気話というか、恋愛関係の武勇伝を話し始めます。
人は見かけによらないと言いますが、真面目そうな人や愛妻家として有名な人が浮気をしていて、この人が!?と驚きます。
浮気をするしないは見た目ではなく性格によるものなんだな、と実感しています。

夫が家に帰ってきません

結婚して五年です。子供はいません。二人でとても楽しい結婚生活を送ってます。そのつもりでしたが、最近になって夫が帰ってこなくなりました。何かと理由をつけて帰ってこなくなったのです。
「忙しいから帰れない」「飲み会で朝まで飲むから」「友人の家で泊まる」そう言っては帰ってこなくなったのです。そしてたまに帰ってきたら、ずっと寝ているばかりなのです。最近では夜の営みもありません。
もしかしたらと私は夫の浮気を疑ったのです。そんなはずはないと思いながらも、浮気かもしれないと思っているのです。そしている時、私の友人が夫を見かけたのです。それは仕事に行っているはずの夫をホテルで見たと言っていました。
若くてきれいなスタイルの良い女性とホテルで会っていたそうです。気になった友人がずっと見ていると、二人でホテルの部屋のキーを持ってエレベーターで消えたそうです。その話を聞いて間違いないと思いました。やはり夫は浮気をしていたのです。ありえませんが、私の予想は当たっていたのです。
家に帰ってこない理由は浮気だったのです。そしてその事実を夫に言いました。するとはっきりと言ったのです。「浮気をして何が悪い」はっきりとそう言われました。
私に女性としての魅力を全く感じなくなった、好きな女性ができたと言われたのです。とてもショックでしたが、夫の浮気は事実だったのです。だから家に帰ってこなかったのです。
辛いですが浮気をされている私はとてもみじめです。

誠実だと思っていた夫が・・会社の年下女性と浮気

浮気をされました。夫の様子がおかしいので、夫が入浴中にメールを見てみると、会社の5歳も年下の女性とラブラブな会話をしていました・・・。相手の女性は夫が既婚者であることを知っているので許せないと思いましたが、私や子供を裏切っていた夫が一番許せないと思いました。

よく女性は浮気されると、彼よりも浮気相手を憎むと言われていますが、私は夫が一番嫌になりました。夫はいつも私や子供たちに優しく、良き夫、良き父だったのに、いったいどうして浮気なんか?!と激しい怒りでいっぱいになりました。

子供がいるので離婚は避けたかったですし、私は夫のことをそれでも愛していると思ったので、浮気のメールを見たことを話し夫婦で話し合いをしました。夫は遊びで本気ではない、家族が大切だと言って謝罪をしてくれたのですが、しばらくはもやもやした気持ちがおさまらず、夫を許すことができずにいました。

浮気相手の女性とは一切メールをしないことを約束し、いつでも私にメールを見せてくれるようにしてくれ、だんだん浮気された心の傷が癒えてきましたが、完全に忘れることはないだろうと思っています。誠実だと思っていた夫も、やっぱりただの男だったんだなと思います。

浮気されてからしばらく経つと、浮気を忘れている状態のほうが多いのですが、ふとした時に浮気されたことを思い出し、心がズキズキします。夫は忘れなくてもいいし、ゆっくりと信頼してもらうように頑張ると言っています。

昔の彼女と浮気していた夫、

現在、27歳の主婦で夫とは所帯を持ってから凡そ2年になりましたが、そして結婚してしばらく経つというのに近頃になって夫の浮気が判ってしまいました。
実は、今の夫は私と付き合う前から他の女性との付き合いがあったようで、私との関係で其の時は一旦、別れていたようなのです。 でも、その昔に彼女となんかのキッカケで時折、連絡をとっていたようなのです。
つまり、彼女とは職場の同僚でも有り、結婚してからも仕事上でも目をあわせ、話をするキッカケも有り、従って、我ら夫婦間のことについても色々と報告などを続けていたようなのです。

夫は時折、会社の残業で遅くなるようで、しかも、其の時は食事なしの長時間残業が多くなっていたのです。 そんな時ある用事で会社へ電話を掛けたら、「○さんは、定時に帰られましたよ」更に、近況を聞いてみると、「いや、○さんもそうですが、最近では職場は残業はしてませんよ」と言うのです。

それから夫が私にウソをついて、会社以外で何かをしていると考え、身辺の様子を伺っていました。 すると、夫がチョット出かけている時にテーブルに合ったケイタイをこっそりと覗くと、昔の彼女との事について色んなやり取りや実際に会っている状況が書いてあったのです。

私は、実際の浮気のアカシを目の前にして怒りが込み上げてきました。 そして、夫を何気なく話をしながら様子を伺うと、相変わらず生返事でいい加減な答えしか返ってこないのです。 そして、更に問い詰めると、さすがに前の女とのことについて認めたのであり、私に「済まなかった」と謝罪をしたのです。

今の生活は未だ子供にも恵まれず、夫婦間でも特に話もなく何となく1日が過ぎてゆく毎日でした。 そして更に今度は夫の浮気が発覚したことで、家の中は暗い感じでありギクシャクした生活が続いているのです。 やはり、以前の彼女に未だ未練があるようなのです。
そして、この際だから別れようとも考えるようになり、今でも悩んでいるのです。